皆さまこんにちは、フォーラムkayaです。猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

ウン十年前では考えられない暑さに少しでも抗おうと、日傘に頼る毎日です。

外では元気な蝉の声が響き、「夏がやってきたぁ~」としみじみ。少し耳障りだわっなんて、賛否はあるかと存じますが、わたくしにとって蝉の声は、子供の頃を思い出すスイッチのひとつです。

母お手製のノースリーブワンピース(当時は作るほうが安かったのです)、穴のあいたサンダル(今年流行りのグルカサンダル風)、ソーダ味のアイスは飽きもせず毎日食べていたなと。

こんな記憶をそのまま形にしたような絵画がございまして、初めて見たときは驚きました。

ご紹介いたします、小倉遊亀画伯の「径(こみち)」です。

昭和から平成にかけて活躍した、文化勲章受章作家 小倉遊亀画伯は、日常生活を主題にした作品を多数制作されています。

本作は、小倉画伯が中国旅行の際に訪れた龍門石窟で、大仏に付き従う菩薩や弟子の彫刻に深い感銘を受け、それを形にしたいと考え、身辺の生活の中に画題を移された作品です。

母親は釈迦如来を、少女は十大弟子を、犬は仏弟子を想起して描かれています。ゆったりと進む家族の姿は、鑑賞者の気持ちをあたたかくさせてくれますね。

もうひと作品がこちら。

再興第五十五回院展に出品された名作「姉妹(あねいもと)」です。

洋画家 岡本半三の娘をモデルに描かれた本作も、懐かしい気持ちに包まれます。

詳細は、各作品画像をクリック・タップいただくか、フォーラムkayaホームページ「作家一覧」「作品カテゴリ」よりご覧ください。

商品検索

作品の資料請求・お問い合わせ

0120-473-731

平日10:00〜17:00

ARTフォーラムkaya

〒550-0015 大阪市西区南堀江2-9-20
フリーダイヤル 0120-473-731
FAX 06-6538-0904

© 2022 絵画・仏教美術など美術品の販売・通販 ARTフォーラムkaya . All rights reserved.
ホームページ制作 by