江戸画壇の奇才、若冲が描く比類なき吉祥画の逸品

圧倒的な高い人気と知名度を誇る、江戸中期の奇才・伊藤若冲。鋭い観察眼と緻密、濃密な描写で、独創性に満ちた空間表現と装飾性あふれる「濃彩の花鳥画」を描き、歴史に残る数多くの名画を残しています。

本作は、古来より中国や日本で尊ばれてきた想像上の瑞鳥である鳳凰に朝日が添えられた、たいへんおめでたい吉祥の図柄です。

誰にも真似のできない躍動感あふれるフォルム、刺激的な光を放つ美しい色彩、きわめて幻想的な画面は、まさに若冲ならでは。高精細な絵画複製技術を駆使して再現いたしました。

正当な手続きを経て制作された証として、同美術館の証明印入り奥付シールが貼付された価値ある美術絵画作品です。

伊藤若冲 略歴

1716年 京都の青物問屋に長男として生まれる。

1755年 次弟に家督を譲り、画業に専念する。

1765年 釈迦・普賢・文殊像三幅対、および花鳥図「動植綵絵」二十四幅を相国寺に寄進。

1800年 没。

1889年 相国寺「動植綵絵」三十幅を宮中へ献納、金一万円を下賜される。

商品の仕様・お買い物

品番額装AR-IJ01
仕様技法/彩美版R

用紙/特製献本

画寸/94×33cm

原画所蔵・証明/ボストン美術館

発行/共同印刷株式会社

■額装
額寸/119.5×48.7cm

額縁/高級木製和額
価格121,000円(税込)
品番軸装AK-IJ01
仕様■軸装
軸寸/183×52.5cm

表装/三段表装

収納/桐箱
価格121,000円(税込)

商品検索

送料・お支払い方法

作品の資料請求・お問い合わせ

0120-473-731

平日10:00〜17:00

ARTフォーラムkaya

〒550-0015 大阪市西区南堀江2-9-20
フリーダイヤル 0120-473-731
FAX 06-6538-0904

© 2021 絵画・仏教美術など美術品の販売・通販 ARTフォーラムkaya . All rights reserved.
ホームページ制作 by