夭折の天才、速水御舟の代表作であり日本絵画史に残る傑作

明治末期から昭和初期にかけて40年という短い生涯を流星のごとく駆け抜けた日本画家 速水御舟。

色とりどりに咲くみごとな椿の木は、京都市北区にある昆陽山地蔵院(通称椿寺)に咲いていた樹齢約四百年という五色八重散椿の老木を題材に二曲一双の屏風として描かれ、1930年のローマ日本美術展覧会に出品、1977年には昭和以降の作品として初めて重要文化財に指定された名品です。

山種美術館が所蔵する原画を元に、彩美版®シルクスクリーンとして蘇った『名樹散椿』は、厳密な色彩の調整を経て制作され、金箔を細かくした金砂子を何度も隙間なく振り撒いていく「撒きつぶし」と呼ばれる技法までもみごとに表現されています。

速水御舟(1894~1935)

略歴

1894年 蒔田良三郎、いとの次男として東京浅草に生まれる。本名栄一。

1908年 松本楓湖の安雅堂画塾に入門。

1909年 母方の祖母速水きくの養子となるが蒔田姓を使い続ける。師楓湖より雅号「禾湖(かこ)」を授かる。

1911年 安雅堂画塾の先輩、牛田雞村の紹介で今村紫紅と出会う。紅児会に入会。この後に義兄となる吉田幸三郎と知り合う。

1913年 第13回巽画会展に前年作の『萌芽』に加筆して出品。原三溪に購入されたのを機に同年10月より原家の援助を受ける。

1914年 この頃から速水姓を名乗り始める。雅号を「御舟」に改める。8月目黒の吉田家家作に移転。10月再興第1回院展に『近村(紙すき場)』を出品し院友推挙。今村紫紅、牛田雞村、小茂田青樹らと赤曜会結成。

1917年 4月京都市寺町大雲院の塔頭信養院に仮寓する。7月京都市清水坂上にある大倉孫兵衛(姉好の姻戚であり大倉陶園の創業者)の別邸に移り住む。9月再興第4回院展に『洛外六題』出品。横山大観らの激賞を受け川端龍子とともに同人推挙。

1918年 6月洛北修学院村の林丘寺内にある雲母庵に移り住む。『洛北修学院村』(再興第5回院展)

1919年 3月浅草駒形で電車に轢かれ左脚を切断する。8月京都木屋町で舞妓を写生する。

1920年 この頃より静物画に集中的に取り組む。デューラーに強い関心をもつ。

『京の舞妓』(再興第7回院展)

1921年 3月吉田幸三郎妹、弥と結婚。目黒吉田邸内に住む。『茶碗と果実』『白磁の皿に柘榴』『赤絵の鉢にトマト』などの細密描写による静物画連作を制作する。

1923年 3月武蔵野野火止の平林寺に仮寓。制作の傍ら参禅修行する。

1925年 『炎舞』(重要文化財)

1928年 『翠苔緑芝』(再興第15回院展)

1929年 『名樹散椿』(再興第16回院展/重要文化財)を制作。

1930年 イタリア政府主催・ローマ日本美術展の美術使節として渡欧、ヨーロッパ各国及びエジプトを廻り帰国。ローマ日本美術展には『名樹散椿』『鯉魚』を出品。イタリア政府よりオクイシェー・クーロンヌ勲章を受章。

1932年 『花ノ傍』(再興第19回院展)

1935年 腸チフスに罹患、3月20日逝去。

商品の仕様・お買い物

品番AR-HM08
仕様技法/彩美版®シルクスクリーン
一部本金泥使用

用紙/版画用紙

画寸(約)/縦35.8×横72.7cm

額寸(約)/縦56.5×横93.5cm×厚さ5cm

重量/約5.6kg

額縁/金泥仕上げ木製枠、アクリル付き 

監修/山種美術館館長 山﨑妙子

解説/山種美術館館長 山﨑妙子

原画所蔵/山種美術館

限定制作/300部
価格275,000円(税込)

商品検索

送料・お支払い方法

作品の資料請求・お問い合わせ

0120-473-731

平日10:00〜17:00

ARTフォーラムkaya

〒550-0015 大阪市西区南堀江2-9-20
フリーダイヤル 0120-473-731
FAX 06-6538-0904

© 2022 絵画・仏教美術など美術品の販売・通販 ARTフォーラムkaya . All rights reserved.
ホームページ制作 by