奈良国立博物館所蔵の重要文化財を原寸大で特別復刻

奈良国立博物館所蔵の重要文化財である「絹本著色親鸞聖人像」。本作は、平成29年から平成30年にかけて行われた解体修理‟平成の大修復‟の折に、特別な許可をいただき原寸大で復刻されたもの。

監修には60年以上もの経験をもつ京の刷師「匠」(MAESTRO)があたり、高精細のデジタル複製技術により、修復により蘇った聖人のお顔の皺や毛の一本一本、作者の深い信仰心がうかがえる鮮やかな文様、さらには原本が描かれた時代の空気感までをも見事に再現いたしました。

重要文化財の名に恥じぬ、後世に残るものをつくるという職人たちの想いがここに結実し、「初の令和完全版」として蘇りました。

解説書PDFはこちら

親鸞聖人(1173年~1262年)

日野有範を父として京都の地に生まれる。九歳の時に出家得度し、比叡山で修行を積むも真実の救いを見いだせず、二十九歳で下山。

聖徳太子建立と伝えられる六角堂にて観音の夢告により法然上人のもとを訪ね、本願念仏こそ人々を救済する法であると確信し帰依する。

法然上人とその教団は、当時の仏教教団の反感と朝廷による弾圧を受け、越後国に流刑となる。この時、恵信尼と出会い子どもをもうけ、一生活者となって民衆とともに生きていく決意をし、本願念仏の教化を使命とする。

その後京都に戻り、「正像末和讃」「教行信証」をはじめ多くの著書を残す。弘長二年十一月二十八日、八十九歳で入滅。

商品の仕様・お買い物

品番AK-SIN009
仕様技法/高精細特殊デジタル印刷 

用紙/絹本

画寸/120.2×81.1cm(ほぼ原寸大)

軸寸/217×100cm

表装/仏仕立京表装(天地:玉入紦 中廻:特殊デジタル印刷 風帯:貼り風帯)収納/桐箱

証明/発行元による奥付シール 

限定制作108部

原本所蔵・許諾/奈良国立博物館 

原本/重要文化財「絹本著色親鸞聖人像」

発行/株式会社方丈堂出版
価格440,000円(税込)

商品検索

送料・お支払い方法

作品の資料請求・お問い合わせ

0120-473-731

平日10:00〜17:00

ARTフォーラムkaya

〒550-0015 大阪市西区南堀江2-9-20
0120-473-731
FAX 06-6538-0904

© 2021 絵画・仏教美術など美術品の販売・通販 ARTフォーラムkaya . All rights reserved.
ホームページ制作 by