一瞬の輝きを描き出した多幸感溢れる傑作。

女流画家として二人目となる文化勲章の栄誉に輝き、数々の名作を世に送り出した日本画の巨匠、小倉遊亀画伯。

本作『初夏の花』は、数ある遊亀芸術のなかにおいて、ひときわ軽やかで明るい雰囲気を漂わせる円熟期の傑作です。モティーフとなっているのは、日本のガラス工芸を芸術にまで高めたガラス芸術の第一人者・岩田久利の手になるガラス花器とミツバツツジに三宝柑。

鮮やかなミツバツツジが生けられたガラス花器は、透きのボディに白砡の縦縞が潔く、躍動感があり、岩田久利作品ならではの個性が感じられるものです。

小倉遊亀画伯の独特の感性によって配されたミツバツツジ、三宝柑とともに画中の中でさらにその魅力を増し、強い存在感を放っています。

小倉遊亀(1895~2000)

略歴

1895年 滋賀県大津市に生まれる。

1917年 奈良女子高等師範学校(現・奈良女子大学)を総代で卒業。

1920年 安田靫彦に師事する。

1932年 女性として初めて日本美術院同人に推挙される。

1962年 日本芸術院賞受賞。『初夏の花』を制作。

1966年 中国に旅行し、仏陀や観音の壁画を取材する。

1973年 勲三等に叙され瑞宝章を授与される。

1976年 日本芸術院会員に任命される。

1978年 日本美術院理事に就任。文化功労者として顕彰。

1980年 文化勲章受章。女性画家では上村松園に次いで二人目の受賞。

1990年 日本美術院理事長に就任。

1996年 日本美術院名誉理事長となる。

1999年 パリの三越エトワールにて「小倉遊亀展」開催。

2000年 逝去。従三位に叙せられる。

商品の仕様・お買い物

品番AR-OY61
仕様技法/彩美版®シルクスクリーン手刷り、プラチナ泥使用

用紙/版画用紙 

画寸(約)/縦45.5×横38.4cm

額寸(約)/縦65.6×横58.5cm

重量/3.7kg

額縁/特注木製額純銀箔仕上げ、アクリル付き 交織つむぎマット

監修/有限会社鉄樹

証明/著作権者承認印を奥付と画面左下部に押印

解説/鬼頭美奈子(名都美術館 主任学芸員)

取材協力/岩田マリ(ヴェルリークマップ)

限定制作/200部

原画所蔵/名都美術館

発行/共同印刷株式会社
価格209,000円(税込)

商品検索

送料・お支払い方法

作品の資料請求・お問い合わせ

0120-473-731

平日10:00〜17:00

ARTフォーラムkaya

〒550-0015 大阪市西区南堀江2-9-20
フリーダイヤル 0120-473-731
FAX 06-6538-0904

© 2021 絵画・仏教美術など美術品の販売・通販 ARTフォーラムkaya . All rights reserved.
ホームページ制作 by