世界最高峰のモネコレクションを誇るオルセー美術館の至宝

《印象派》という名前のもとのなった「印象・日の出」と共に第一回印象派展で発表された作品。

モネが当時住んでいたアルジャントゥイユ近くの丘に広がる真っ赤なひなげしの花畑。

青い空と漂う雲の爽やかな対比のなかに二組の親子、モデルは、妻のカミーユと愛息のジャン。

大らかな自然の美しさと幸福な人生のイメージが合わさった印象派の黎明期を代表する一作です。

クロード・モネ(1840~1926)

略歴

1840年 パリで生まれる。

1859年 パリに出て、ピサロ、ルノワール、シスレーらと交流する。

1874年 第一回印象派展開催。印象派という名前の由来はモネの出品作「印象・日の出」に因む。

1883年 ジヴェルニーに移る。

1899年 「睡蓮」を主題にした最初の連作の制作が始まる

1914年 「睡蓮」大装飾画の制作を開始(~1926年)。

1922年 フランス国家と「睡蓮」大装飾画寄贈の正式契約を結ぶ。

1926年 逝去。

商品の仕様・お買い物

品番AR-CM25
仕様技法/彩美版®シルクスクリーン手刷り

用紙/キャンバス

画寸(約)/縦40.4×横52.7cm

額寸(約)/縦56.5×横69×厚さ3.0cm

重量(約)/3.8kg

額縁/木製デコレーション金箔額(国産ハンドメイド)

限定制作/300部

監修/高橋明也(美術史家・東京都美術館館長)
※肩書などは初版発行当時のものです。

発行/共同印刷株式会社
価格154,000円(税込)

商品検索

送料・お支払い方法

作品の資料請求・お問い合わせ

0120-473-731

平日10:00〜17:00

ARTフォーラムkaya

〒550-0015 大阪市西区南堀江2-9-20
フリーダイヤル 0120-473-731
FAX 06-6538-0904

© 2022 絵画・仏教美術など美術品の販売・通販 ARTフォーラムkaya . All rights reserved.
ホームページ制作 by